どんな仕事か知りたい!管理薬剤師ガイド

管理薬剤師とはどのようなものか

ますます人気のある医療求人の中でもコンスタントに企業からリクエストがあるのが「管理薬剤師」というものです。
つまり日本中でこの管理薬剤師という人たちが本当に必要とされているということですね。
皆さんはこの管理薬剤師というのがいったいどのような人たちなのか分かりますか。
今日は少しこの事を一緒に考えてみましょう。
もちろん全ての薬剤師がこの管理薬剤師を名乗れるわけではありません。
実は具体的にこの管理薬剤師には明確な基準があるということなのです。
簡単に言うとこの管理薬剤師というのはその拠点にいる薬剤師たちの「管理者」ということになります。
ですから作業場の指示を出したりとか、他のスタッフのシフトを作成することもあるのです。
例えば薬局とか店舗には各拠点ごとにこの管理薬剤師を一人置くことが「義務」付けられています。
ゆえに「責任」というものもかなり重いということができるでしょう。
一般的には経営者と同様かそれ以上の権限が与えられていると考えてください。
何かの医薬品を製造している場合には、その工場長よりはっきりいって立場は上です。
なぜなら工場長が出荷許可を出してもこの管理薬剤師のOKがないとそれは認められないことになっているからです。
この管理薬剤師になるにはどんなことが求められるのでしょうか。
もちろん、薬剤師というのは薬に関しても色んな情報に精通しています。
しかし管理薬剤師は法律的なことにもしっかり理解を広めておかなくてはいけないので新米の税理士さんがこの管理薬剤師になるというのは考えにくいことですね。
普通は薬局や店舗で経験を積んだ薬剤師さんが自分のキャリアとしてこの管理薬剤師を目指すということが一般的でしょう。
ぜひこの点でもし薬剤師に興味のある人は色々とこのこと考えてみてください。
そうすれば自分の就職先なども比較的楽に決まってくるでしょう。
全国でこの管理薬剤師は不足傾向にあるので薬剤師をしている方もキャリアアップだと思って挑戦してみてください。